黒島・高島

MR(松浦鉄道)+フェリー
路線バス+フェリー
自家用車+フェリー

潜伏キリシタンの歴史が残る「黒島」

九十九島の沖合いに浮かぶ「黒島」は、佐世保市の相浦港からフェリーで50分ほどの場所にあります。江戸時代に迫害を逃れるためにキリシタンが隠れ住んだ島で、現在も島民の8割がカトリック信徒。信仰を守る一念で海を渡った先祖たちの足跡が、今日ではこの島で生きる信徒たちの道しるべになっています。

 

海に浮かぶ小さな漁師まち「高島」

人口200人あまりの小さな漁師まちは208ある九十九島のひとつで、平戸や五島列島を近くに望むことができます。海と空にはさまれた大自然のなかに身を置くと、自らもその一部になった気がして、眠っていた感覚が呼び覚まされる気がします。

 

観光情報はこちら

黒島観光情報サイト
https://kuroshimakanko.com/

スマートフォンで表示

qrcode

icon sp

このページ情報を
読み取る